FC2ブログ
アトピー、喘息、潰瘍性大腸炎・・を通じて心身の健康について考えてきたこと。 安全な食品、日用品、そしてホメオパシーと出会い、心から元気になりたいと願うようになったこと、を綴るブログです。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アトピー アトピー アトピー
2007年06月22日 (金) | 編集 |
↑これが、数年前の私の頭の中。
いつもこの言葉がぐるぐる回っていました。

カタカナの「ア」を見ると、全部「アトピーのア」に見えてたから、おかしくなってましたね。
数年後に、こんな風に振り返り、こんな穏やかな生活ができるとは、想像できなかった。。。
本当にすべてのこと、いろんな人に感謝です。アップロードファイル

この時期は、湿気もあり、汗も、流れ落ちず、じとっとかくので、アトピーの人にとっては辛い時期sad4
夏に汗で悪化する人と、冬に乾燥で悪化する人がいますが、どちらも本当に大変ですよね。

最近は黄砂や花粉の影響で、春もひどくなりやすいようです。
体質改善していると、アレルギーを起こす物質そのものが悪いのでなく、それで発症する自分の体に問題があることを嫌でも感じます。

排毒して、自分の体を、自然に戻すしかないんだなと思いますが、そこまでの道のりが本当に大変ですよね。


お子さんがアトピーっこで、お母さんはそうでない場合、対処に困ることも多いと思います。
何でこんなに機嫌が悪いのか、寝ないのか、見ていていらいらすることもあると思います。

私も、最初はそうで、変わってやりたいなんて思っていたら、途中で、本当に子供たちよりひどいアトピーになってしまったので、(親子は特につながってると実感。)イヤって言うほど味わいました。
このときは、何で?って思いましたが、今思えば私には経験しなければならなかった意味があり、そのおかげで乗り越えられた気もします。

   水の塩素さえ、あんなにしみて痛いこと。
   すすいでも衣服に残った合成洗剤で、あんなにピリピリ
   かゆくなること。
   化繊の着心地の悪いこと。
   本当に眠れなくなること。
    ・・・それまではわからなかったいろいろを知りました。

私の症状は、すでに気にしすぎとか、病は気からのレベルを超えちゃってましたうぅっっ。。。
    「かゆいのは痛いより辛いかも~」って思いました。
こんなに小さいときから一日中これに耐えているんだからすごい!!

        掻いてしまうと悪化する。
          「掻いちゃだめ」

これが一番辛い闘い。
でも、本当は体のためには、掻くことは排出を促し、はやく症状を進ませるので、自然の力なんですよね。掻くほうが自然だということ。
掻いたから、ひどくなったように思いますが、実際、私は、究極までいって、一気に爆発したので、掻くことのできない耳の中や、爪の間からもシルが流れ落ちてました。
これは掻いたからじゃない。
掻いたからといって、どこからでもでてくるわけでもないし。

でも、見た目には一時的にかなり悪化するので、落ち込みますね。

浸出液が出始めると、日常生活に支障が出るから、包帯を巻く。
そうすると、ちゃんと殺菌しないと感染症になる。

本当は、皮膚の表面にある常在菌のブドウ球菌が、掻き壊して、増えすぎているのを、浸出液は(うす黄色いシル)流してくれるらしいんですが。。。なかなか私も流しっぱなしとはいきませんでした。

薬を塗って、ちょっと体を休めて息抜きをすることも時には必要だと思います。
でも、残念ながらそれで治ったのではないということ。
抑え込むと、体は別の症状で悲鳴を上げだしてしまいます。

体が本当に「訴えたいこと」に気づいて、生活なり、メンタルな部分が変わらないとずっと体は訴え(症状として出)続けます。

ステロイドだけでなく、亜鉛華軟膏や非ステロイド系の保湿剤でも同じことだと後で知りました。
皮膚呼吸ができないほどにべたっと塗らず、少しずつ自然に戻してあげられるといいですね。

人工的な抗菌は私はよくないと思っていますが、何もケアしないのは母の心情として辛いので、天然の抗菌作用のあるものをいろいろ使っていました。
シルク繊維で排毒を促したり、竹の抗菌作用を利用したり。
今ほど、いろんなものがなくて探し回ったり、代用したり、取り寄せたりしたけれど。
今は上手に選んで見つけて、うまくピークを乗り越えられれば、付き合っていける範囲になる病気だと思っています。

今はあんなに黒ずんだあとも(ステロイドなしでもやはり色素沈着はひどく)少しずつきれいになるんですね。
今は、ホメオパシーで体質改善、トラウマになったことを癒し、傷んでいるであろう腎臓や肝臓のケアをしています。(腎臓や肝臓をケアすると、本当に体調が変わってきますね~)
そこまででなければ、食べ物を手作りし、日用品も自然なものにするだけでも、体は変わります。

眠れなかったので、寝顔を見て「かわいい」と思った経験がありませんでした。
子供は寝てるとき天使って言うのにね。。。
いつも、気配や音でびくんとして、泣き、掻き出してました。
今、穏やかな寝顔を見て、本当に愛おしく思います。

同じように、今長いトンネルの中、辛い気持ちで過ごされている方が、少しずつ穏やかな気持ちになれます様に。四葉


  日用品は、本当のノンケミカルにすべて変えると体はかなり
  変わる事は、経験をもって言えます!
  でも、ライフスタイル、価値観、好みで、どんなものがよいか、
  どの程度まで徹底するのかは、ご自分の目で選ばれるとよいと
  思っています。

  無添加といっても、本当の意味の無添加はなかなか
  ありません
。→スキンケア
  
  それは自分で見極めるしかないようです。
  自分の価値観で、納得できるものに出会えるといいな
  と思います


まずは、正しい知識を得て、選択できる目を持つことがなにより大切だと思います。

        アップロードファイル読んでくださってありがとうございますアップロードファイル


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。