FC2ブログ
アトピー、喘息、潰瘍性大腸炎・・を通じて心身の健康について考えてきたこと。 安全な食品、日用品、そしてホメオパシーと出会い、心から元気になりたいと願うようになったこと、を綴るブログです。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


低気圧
2011年01月16日 (日) | 編集 |
私も主人も天気のせい(おかげ?)で少し疲れが出せました。
年末にも出した疲れですが、今度は内面の方ですかね。

久々に低気圧にやられてる感じです。
私も手足がむくんでパンパン、頭痛もあり。
数年前までよくこういう風になってました。
気圧で体調が変化する人も多いのではないでしょうか?
けっこう憂鬱でつらいですよね。
でも、体の中でどういうことが起こっているのか知って、こわがったり、嫌がったりせず、うまく付き合い対処出来たらなと思います。

気圧が高いと、血管は細くなり、内臓は縮むのだそうです。
血液循環も悪くなり、冷えやすくなります。

気圧が低いと血管は拡がり、内臓は膨らみます。
血管、内臓、筋肉が膨らめば、神経を圧迫して痛みが出やすくなるそうです。

私も今そんな感じ、手先まで血がいかずむくみ、頭は血管が膨張して痛い。
気圧が高くても低くても、体の中に余計な水などがたまっていると、すぐに影響があるでしょうね。
私は体質的に水がたまったり冷えやすいので、いつもそこ、気をつけるようにはしています。
ほどほどにね。

今日はちょうど、ぜんざいをいただきました。
むくみをとる小豆。ありがたかったです。
おもちのもち米は関節に水をためることもあるそうで。。。それを相殺するためにぜんさいは、あずきとの組み合わせになっているのだとか。
昔の人はほんとうにかしこいですよね。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。