FC2ブログ
アトピー、喘息、潰瘍性大腸炎・・を通じて心身の健康について考えてきたこと。 安全な食品、日用品、そしてホメオパシーと出会い、心から元気になりたいと願うようになったこと、を綴るブログです。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年05月11日 (火) | 編集 |
先日図書館に行ったときに、子供たちの本も一緒に借りました。
最近はまっているのが、レオ=レオ二さんの本。
いまさらながらですが、短いお話の中でもなんだか深いのがお気に入り。
大人も子供も読める本ばかりだと思います。
小さい頃にも読んだスイミーも、借りましたが、今読むとまた違ってなんかいい。
絵も美しいので好き。
いっきに数冊借りました。
  
 

その中でもすきなのがこの本↓


初めて立って歩いたわにのコーネリアスは、初めて見た世界に感動し、立って歩けばいろいろなものが見えるよ、と仲間に話すのですが、みんなの反応は「・・・で?」「・・・だから?」という感じ。
でも、コーネリアスはチャレンジを続けます。
自分が大切だと思ったこと、自分の感覚を信じて伝えます。
最後には、みんな変わり始めるのです。
その未来の変化を予感させる余韻が好き

主人が借りてきてくれたこの本は、すごくよかったです。


農から見た世界観ですが、すべてのことに通じる、本当に大切なことが書かれていました。
多くの人に読んでもらいたい、と書かれた本ですが、著者のその思いの通り、多くの人が読んでほしいと願いたくなる本です。
感想はまた後日にでも。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。