FC2ブログ
アトピー、喘息、潰瘍性大腸炎・・を通じて心身の健康について考えてきたこと。 安全な食品、日用品、そしてホメオパシーと出会い、心から元気になりたいと願うようになったこと、を綴るブログです。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大切なのはやっぱり自分への信頼
2009年05月20日 (水) | 編集 |
今までいろんな自然療法や東洋医学をみてきて、重症の病気からどのように立ち直ったか、どう感じたかを本で読んだり、実際にその人たちに会って聞く機会を、私は望んで多く持ってきました。
普段の生活をそれなりに健康に過ごしている人は、そんなこと、真剣に考える機会はそれほどないと思います。
でも、身近な人が病気になって、自分が体調に異変を感じて検査に行くことになってはじめて、かえりみる。
年齢が高くなっていくずつ、まわりでもそういう話が多くなり、実際に自分の事として考えることも多くなりますよね。
そのときは、急にこわくなって、とにかく早く検査をしっかりしようと、みんな心に誓うものだろうと思います。
でも、それだけで、本当に不安は解消されるのでしょうか?病気になることを前提に検査することだけを大切にすることが、根本的な解決にはつながらない気がします。(もちろんそれもうまく利用すべきですが)
先日主人とも話していたのですが、新型インフルエンザが話題になったら、食品偽装や安全のニュースはすっかり姿を消してしまってる?健康や生き方についても、そのときだけに終わらないように、何が大切か、しっかり見ることが大切だと思います。

体が丈夫ではない(反応に敏感な)人や、アレルギーがある人、肌が弱い人は、不自然なものは本能的に受け付けなくなっているので、不要なものを取り込みにくいという意味では、意外といいのかもしれません。(現代社会では生きにくいと言う事でもあるので辛いわけですが。。。)
丈夫な人、肌が強い人、そうだと思いこんでいる人、はサインに気づいていないだけということもあります。

私も肌は強いので、アトピーになるということがなかなか受け入れられませんでした。
お母さんがアレルギーがなくて、子どもが喘息やアトピーがある場合、そうして自分の取り入れたものが赤ちゃんに伝わったとはどうしても受け止めがたいものがあると思います。自分は肌が強いのに、体は丈夫なのになぜこの子は?とどうしても思ってしまうものだと思います。
強いから、弱いから、ということは関係なく、自然環境の一部である人間として、何が自然なのかということを基本に考えていくと無理がないなぁと思います。

新型インフルエンザのニュースは、ウィルスをどう抑え込むか、かかることが悪いことという風にどうしても伝わりがちですが、普段から自分の力をどう高めて、不安にならないでいられるか、が大事だなぁと思います。
でなければ、次々といろんなものにおびえ続けることになりますもんね。
周りの状況が変わるたびに、自分も不安になるのではなく、落ち着いて毎日の暮らしを大切にしていきたいですね。

半年以上続いた主人の潰瘍性大腸炎の下血も、とりあえずおさまったようです。
とまったからいいとかいうことでなく、症状は今までの結果とサイン、あんなにも症状がきつくても体は治癒しようとすること、その力を大切に自分への信頼にして、生きていく力になるといいなと思います。

コメント
この記事へのコメント
こんにちは♪
インフルエンザ、あまりにも過剰に反応しすぎだなあと思います。それは報道の類の派手だなと思えるほどの情報提供も問題かもしれませんが、それにあまりにも流されすぎじゃないのかな・・・?と。
実際に自分がドラッグストアでマスクが完売している状況を見てとても思います。

そんなに病気にかかることが怖いことなんでしょうか。
私も無知な頃は病気にかかると怖いと思っていたところもあったので偉そうには言えませんが・・・。

目を向けるものが違っているような気がします。
なかなか難しいかと思いますが、病気に罹ってもいーじゃん!なんて平気な顔をしていられる人が増えて欲しいものだとつくづく思います。
私もこの春から授業の一環として体験談や相談の様子を聞く体験をする機会が増えましたが、色々と考えさせられる部分も多くて、すごく新鮮です。
2009/05/20(水) 10:44:52 | URL | yu-ko #MgIxvhDQ[ 編集]
yu-ko さんへ
私もそう思いますね。
でも、私もやっぱりホメオパシーや自然療法のようなことを知らなければ、やはりまだ今でもこわかったと思う。
かかったときに、ただひたすら耐えろといわれるとやっぱりかかりたくないってなってしまうんですよね。
納得いくものと出会えたことは、本当に感謝です。
かかったら損!みたいな思い込みがみんなのなかからなくなるといいなと願ってます。

今のこの雰囲気では、風邪ひいたとか、熱がでたと言い辛い感じ。咳ひとつするにも周りの目を気にしなきゃいけないような風潮は明らかにおかしいですよね。
原点に戻れるといいなと思っています。
2009/05/21(木) 09:04:35 | URL | yururi #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/21(木) 10:19:46 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。